弥生 景

1:拙者は本来表舞台に姿を現してはいけぬ存在也
2:仕える主を失い、さ迷う流浪の民也
3:生きる術、生きる道、それを見失った愚か者也

―――――――――――――――――――――――――――――――

【語尾】〜也。の場合あり。使い方間違っている。
弥生・景は学園から与えられた仮の名
本名は秘密…というより信念に基づき名乗らない。

>生まれ:誰よりも大切な人を失ってしまった事がある

言わずと知れた、土蜘蛛の女王国見・眞由璃の事。
女王が目覚めた時既に鋏角衆であった景にとっては、
何を優先しても護り、そして傍で仕えるべき至高の存在だった。

残された子らの為にと、
学園に寛大な処置を求めた女王の意思を組み
生きることを選択し戦争終結後、投降に応じる。
その時に女王の弔いとして、名を捧げた。
以降自分の名を名乗ったことはなく、
便宜を図るために学園が「弥生・景」という名を与えた