<< 【SS】BAD-END | main | 聖なる夜に近づく日々 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

【SS】ましろ。


  白露も 夢もこの世も まぼろしも 

              たとへていへば 久しかりけり
「だけど、好きになりたかったんだろう?」

たしかその様な言葉だったと思う。
そのように言葉をかけた男が居た…。
あの時は、どう答えたんだろうか…思い出せない。

行く場所を失って辿り付いた一つの空

そこでの出会い
人の温もり、関わりを持った。

好きが増える度に
貴女の夢を見ることもまた多くなった。

春と秋を知り
風が自分を温かく包み込み
ついには月を導いた。

それでも貴女は夢に出る。


思ひつつ ぬればや人の 見えつらむ 

         夢と知りせば さめざらましを



ああ、鎖はいまだ絡まったまま

なのに

その鎖を千切ろうとする私に

貴女は微笑むのだ。







和泉式部・後拾遺集 / 小町・古今集552

スポンサーサイト

| - | 00:48 | - | - |

Comment

Submit Comment